O.G.A for Aidのプロジェクト

O.G.A. For Aidの震災復興プロジェクトは「包括的な取り組み」です。私たちは災害や危機発生の際には、教育、経済、コミュニティの分野で再生が必要と考えています。長期的で持続的な成長のためにはこの3つの分野は不可欠です。プロジェクト規模を決定するにあたり、この3つの分野の移行期をあらかじめ予測することに重点を置いています。 O.G.A. For Aidのプロジェクトの原則は拡張性、持続性、エンパワメントです。

おばあちゃんのまごころ便

Grandma's Gift Box

おばあちゃんのまごころ便 を通して南三陸町で伝統加工品を生産する「ぬくもり工房」の活動を支援しています。おばあちゃんのまごころ便から得られる寄付金は、「ぬくもり工房」の活動を支援だけではなく、現地の子供たちのワークショップやアウトドア・イベント開催に使われます。

おばあちゃんのまごころ便についての詳細・お申込方法はPDFにて詳細をご覧頂けます。

ぬくもり工房について

東日本大震災後、宮城県南三陸町の主婦の方たちが中心となり、復興に向けた取り組みの一環として食品加工 場「ぬくもり工房」を立ち上げました。現在ぬくもり工房では、地元の素材を使って味噌や漬物などを手作りし、近隣 スーパーや商店街店舗などで販売することで地域経済の活性化に努めています。

東北サンタ ソウル トレイン

Tohoku Santa Soul Train

O.G.A for Aid が開催する大きなコミュニティイベントの1つがサンタ ソウル トレインです。東北7カ所で実施され、総勢約400人の子ども達が参加するイベントです。日本各地と東北の子ども達とコミュニティを繋ぐことを目的にしています。クリスマスカードを通して、東北の被災者に「忘れていない」ということを伝えます。また、東北の子ども達はネパール地震の被災者にクリスマスカードを送り、国を超えた繋がりを作ります。

2015年サンタソウルトレイン報告

  • 参加人数 400+
  • 参加ボランティア数(南三陸以外) 50〜
  • 参加ボランティア数 (南三陸から)50〜
  • カードおよびプレゼントを受け取った子ども 971名
  • 支援金・寄付金合計 2,500,000円〜
  • ボランティア活動時間 約300時間
  • ネパールへのカード送付数 400枚

 

写真やビデオは inspire311.org からご覧いただけます。

ご支援ありがとうございました

2015 Sponcers

OGA Kids

Place to Grow

O.G.A KIDS

Place to Grow は、子ども達が農業について学べる場所を提供すると同時に、子ども達の地元定住を促進し、最終的には地域に雇用を生み出すことを目指しています。

 

こ のプログラムは、2011〜2014年の間、減災、PTSD、建設、農業、コミュニティ・社会開発、医師そして地元の方々や被災者自身など幅広い経験を有 する方々と共に活動することにより学んだ事をベースにデザインしました。私たちが見たり、聞いたり、経験した事に基づいており、リアルタイムでのフィード バックがPlace to Growの基礎となっています。

 

被災地の子ども達が大人になってもずっと覚えていられるような楽しい子供時代を築くためのに、今私たちができること - それは子ども達がリラックスしながら学べる場所、わくわくするような体験を用意することです。「Place to Grow」では、被災地の子ども達が農業を取り入れた体験教室を通して、町の復興と共に成長していきます。

Copyright 2015 OGA for aid All rights reserved.


PAGE TOP