O.G.A for Aidについて

O.G.A. For Aid は、教育と事業再生を通じて被災者の方々に支援を提供している非営利法人です。宮城県に拠点を置き、事業所が東京と青森にあり、世界各国から集まった外国人や東北地方と東京出身のメンバーで構成されています。フィールドオフィサーは、被災地で緊急支援物資の配布を実施し、短期・長期的目標を地元の人たちが策定するお手伝いをすることで、信頼関係の構築を図っています。 東北地方で、これまでに、40以上のプロジェクトや支援活動を実施してきました。

MEssage

Angela

My name is Angela Ortiz, a little over 4 years ago my life changed forever when the 9.0 magnitude earthquake and tsunami hit Japan. I chose to stay and help my friends in Tohoku in the live or die immediate aftermath of the disaster and that choice had a profound effect on how I view the world today. The experience gave me a sense of purpose and drive, and a feeling that I could truly make an impact in the world around me. I saw for the very first time how much people matter. how much impact we had on each other.

I have shared this experience with my daughter who saw the destruction first hand, with my family who live in Tohoku and with my community of Tokyo, where I have lived for almost 10 years now. I invite you too, the opportunity to discover for yourself how inspired volunteering can change how you view the world.

I imagine there can be a world where survivors are connected and inspired throughout recovery.

 

Angela Ortiz
CEO, O.G.A. for Aid


震災直後から復興に向けて、Anglea Ortizのインタビュー記事をThe Huffington PostのMy Eyes Tokyo にてご覧頂けます.

O.G.A For Aidの活動内容

現地 の刻々と変わってゆく状況の中、その変化に合わせて南三陸町の方々と共に、二人三脚で活動を続けてきました。現在の活動は現地の「雇用拡大」、「仕事先の創出」、「地元産業の復興」、「コミュニティの活性化」に的を絞っています。

おもな取り組み

  • 南三陸町の継続的な復興を支援をすることで、被災地の方々へ地元の再建・再起への希望を届ける。
  • 地元住民の方々と話し合い、協力し合いながら、新たなビジネスアイデアや、子供達へ教育の機会を作り出す。
  • 復興支援活動を通して、南三陸町の情報を日本全国や世界へ発信し、観光地としての魅力を伝える。
  • 常にボランティアスタッフを被災地に配置することで、被災者の方々の心の支えになり、震災後の不安を少しでも和らげるように努める。
  • 多国籍のボランティア有志からなるO.G.A. For Aidの関係者やスタッフ達と地元住民との国際交流を通して、南三陸町の学生や家族に将来の可能性を広げる機会を提供する。
  • 地元住民の方々が、町の復興や自分自身の向上や住宅再建への意欲を持ち続けられるように応援し続ける事で、「被災地の事を忘れない」というメッセージを伝える。
Copyright 2015 OGA for aid All rights reserved.


PAGE TOP